診察・ご相談の
予約はこちら
045-225-0933
受付時間月〜金曜日 9:30〜12:30 / 14:00〜18:30
土曜日 9:30〜13:00 / 14:00〜18:00
医療法人社団さくら会 MMデンタルクリニック CDIインプラントセンター

トップクラスの症例数を誇りますインプラント症例

MMデンタルクリニック治療室

当院で行ったインプラント治療を、治療前~治療後まで画像を用いてご紹介します。
前歯部は、審美性が問われ、歯槽骨・歯肉が薄いことから高い治療技術が必要となる部位ですが、精度の高い治療提供により、天然歯と同等の審美性を回復しています。
また、骨吸収が進んだ無歯顎症例も治療難度が高く、「他院で治療を断られた」という声を多く聞きますが、当院で噛み心地の良い歯を手に入れていただいています。

症例
01
前歯1本欠損①(審美性が特に重要な部分の症例)

  • 術前の状態
  • STEP 1術前の状態です。以前入っていた歯の根元が黒くなっています。また左の前歯が感染し保存不可能でした。
  • 抜歯をし、歯肉が直った状態
  • STEP 2抜歯をし、歯肉が直った状態でインプラントの手術に入っていきます。
  • ジルコニアオールセラミックの土台を試適
  • STEP 3天然歯の上にコンピュータで作製した ジルコニアオールセラミックの土台の試適をしています。
  • 上部構造の試適
  • STEP 4インプラントの上にも最適化されたカスタムメードの土台(ジルコニアオールセラミック)を作り、上部構造の試適をします。
  • オールセラミックの土台の上に築盛
  • STEP 5患者様の状況に合わせオールセラミックの土台の上に築盛をします。最終的な上部構造の状態です。
  • ジルコニアオールセラミッククラウンを装着した状態
  • STEP 6最終的な上部構造(ジルコニアオールセラミッククラウン)を装着した状態です。すばらしい審美性が獲得されています。

症例
02
前歯1本欠損②(審美性が特に重要な部分の症例)

  • 抜歯後にインプラントを右側の歯がない部位に埋入
  • STEP 1保存不可能で歯を失いました。抜歯後にインプラントを右側の歯がない部位に埋入しました。
  • 歯肉が治った状態
  • STEP 2歯肉が治った状態です。
  • 印象用キャップを使い印象採得
  • STEP 3最適化されたカスタムメードの印象用キャップを使い印象採得を行います。
  • 仮歯を入れた状態
  • STEP 4インプラントの歯肉整形を目的として仮歯を入れます。
  • オールセラミック製スキュリュー支持の最終上部構造を入れた状態
  • STEP 5インプラントの歯肉の状態が安定した後にオールセラミックのスキュリュー支持の最終上部構造を入れます。
  • 最終の仕上がり
  • STEP 6天然歯とインプラントの比較ができない仕上がりです。

症例
03
前歯のアドバンスな症例(特に難しい症例)

  • 抜歯後にインプラントを右側の歯がない部位に埋入
  • STEP 1小学生の頃の事故で骨をかなり損傷し成人してから骨造成と2本のインプラントを行ったケースです。
  • 歯肉が治った状態
  • STEP 2コンピュータ(CAD/CAM)で作製されたジルコニアオールセラミッククラウンでインプラント部と天然歯を修復しました。

症例
04
無歯顎の症例(特に難しい症例)

  • 2本の歯が残り、骨が非常に無くなっている下顎
  • STEP 1下顎で2本の歯が残っていて、骨が非常に無くなっています。
  • 義歯を安定させるコンポーネントを装着
  • STEP 14本のインプラントを入れ、義歯を安定させるコンポーネントを装着します。
  • マグネット
  • STEP 1マグネットはMRIなどで邪魔になる場合があるのでインプラントには可能な限り使用しません。 義歯に比べて噛み合わせの力は数倍に向上します。