診察・ご相談の
予約はこちら
045-225-0933
受付時間月〜金曜日 9:30〜12:30 / 14:00〜18:30
土曜日 9:30〜13:00 / 14:00〜18:00
医療法人社団さくら会 MMデンタルクリニック CDIインプラントセンター

安全・高品質を実現するために治療の流れ

モトキデンタルクリニック治療室

インプラント治療の流れ

STEP1資料の収集(精密検査/診断)

歯科用CTなど

お口の中の状態を正確に把握するため、各種検査を行います。パノラマX線・デンタルX線・歯科用CTスキャン・口腔内写真撮影、お口の模型の採取などの資料取りを行います。またインプラントの成功率は、インプラント単独ではなく、周囲の天然歯の影響を受けるため、残っている歯の状況をしっかりと調べる必要があります。

STEP2カウンセリング(治療計画を確定)

治療プランを説明する医師

資料を元に治療計画を作成し、複数のプランを提案させていただきます。具体的な治療費のお見積りをし、患者様に詳細をご説明後、確定的な治療に入っていきます。 稀に治療計画の変更を余儀なくされる場合もありますが、 最初のお見積もりの金額を超えることはありません。カウンセリングでは、治療についてはもちろん、費用についても詳しくご説明いたします。

STEP3初期治療

説明中の勝山理事長

インプラント埋入の準備期間で、非常に重要な期間です。むし歯の治療や保存不可能な歯の抜歯、歯周病治療、噛み合わせ診断などを行います。特にインプラントの予後は歯周病に大きく左右されるので、歯周病の初期治療は欠かすことができません。

STEP4外科手術

  • 歯茎を切開します歯茎を切開します
  • 顎の骨に穴を開けます顎の骨に穴を
    開けます
  • インプラントを埋入しますインプラントを
    埋入します
  • 保護用キャップをつけます保護用キャップを
    つけます

手術後は、インプラントに保護用キャップを付けて、周囲組織の治癒と安定を待ちます。 歯がない部位に対して仮の歯が必要な場合は、様々な方法をとって仮歯を装着します。
当クリニックでは衛生管理を徹底し、全身管理システム・映像設備を装備した本格的な手術室を備えています。

当院の手術室の詳細はこちら

STEP5術後の処置

治療中の歯科衛生士

手術部位の消毒を術後に行い、術後1週間から10日後に抜糸を行います。その後、術部の歯磨きをスタートするため、 お手入れの方法を衛生士が丁寧に指導します。

STEP6経過観察

患者を診察する北条院長

手術後2~3週間ほどで歯肉の粘膜が落ち着いてきます。患者様により個人差はありますが、治癒状態に適した清掃方法を 指導しながら、歯肉が完全に治癒するまで経過を1週間ごと診ていきます。

STEP7歯茎へのケア

セラミック歯を装着前の口の様子

手術後インプラント周囲に盛り上がった歯肉を必要があれば整形します。状況によって異なりますが、インプラントの頭を出した状態で手術を行えば、 歯肉の整形が必要ない場合も多くあります。特に前歯部など審美的な要求が高い部位においては、歯肉整形は必ず必要となります。この歯肉整形を行いながら、いよいよインプラント上に歯を作っていきます。

STEP8患者様にベストな歯をかぶせる

  • 印象用キャップをつけた状態
  • アバットメント取り付け後
  • セラミックの歯を装着

インプラントに印象用キャップをつけてシリコン印象材で型をとり、インプラントに最適化されたパーツを取り付け、ラボ(技工所)で製作されたレジンの仮歯(プロビジョナル)を装着します。その後、歯肉の形が整ったらセラミックの歯を装着します。オールセラミッククラウンは、近年では CAD/CAMを利用しコンピュータで作製します。

STEP9完成イメージ

  • 完成イメージ